宇宙との対話V4−15 国際核融合実験炉(ITER(イーターと読む))

・ 2040〜2050年に核融合発電所を建設することを目標としている。
ITERの実験開始は、東日本大震災超伝導コイルの性能を試験する茨城県那珂市の研究所が被災した影響で当初計画より1年遅れ、2020年になった。本格運転は予定通り27年開始をめざす。

(参 考)
 ・名称は、iter(羅:道)に由来する。
 ・7つの国と地域(EU、インド、日本、中国、ロシア、韓国、アメリカ合衆国)がITER計画に関わっている。
 ・ITERの建設地はフランス・カダラッシュ。