62 宇宙開発のゆくえ 【宇宙旅行】

62 宇宙開発のゆくえ 【宇宙旅行

・2011年9月 NASAは、引退したスペースシャトルの後継となる新型ロケットの開発計画を発表した。
・開発費用100億ドル(約7660億円)の巨大プロジェクトだ。
・新型ロケットの完成予定は2017年で、2025年までに小惑星への有人探査を実施し、2030年代には火星へ人類を運ぶことを目標に掲げている。

出典:ナショナルジオグラフィック ニュース

・ロケット開発の課題は、有人・無人というより、宇宙工場、資源探査などで、いくらか
でも開発費用を回収できるシステムを構築することだろう。

62 Future of space exploration【Space Travel】

・September 2011, NASA announced a new rocket development program as a replacement for retiring the space shuttle.
・Development costs of the large projects is $ 10 billion.
• The new rocket will be completed in 2017, conduct a manned exploration of asteroid
in 2025, and in the 2030s is a goal of carry the human race to Mars.

Source: National Geographic News
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011091506

・I think that challenges in rocket development would be to build a system that can be recovered some development costs by space factory or resource exploration, rather than manned and unmanned.