80 脳の働き【知性を探る】

80 脳の働き【知性を探る】
・計算論的神経科学では、外界の状況を認識・学習するという大脳皮質の主な機能は統計学的に説明できるという説がある。
・この説によると、大脳皮質の神経回路では、コンピュータで確率計算により最適な選択を行ったり、結果から原因を推測するのと同じようなことが、現在コンピュータで行っている計算量よりも少ない方法で行われているそうだ。
・ 脳の計算速度については、すでにスーパーコンピューターで実現されている。
・ 10〜20年後には、小型計算機で人間に近い認識・学習能力を持つ知能が実現する可能性があるそうだ。

 【参照】「大脳皮質とベイジアンネット」一杉裕志
    http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/besom/29_412.pdf

80 Mechanisms of how the brain works【Exploring Sophia
・In computational neuroscience, there is a theory that we can explain statistically about the main features of the cerebral cortex(:recognize the situation of the external world and learn).
・According to this theory, in the neural circuits of the cerebral cortex, the method( for optimal choice by probability calculation or estimation) that is less than the amount of calculation which is performed with current computer is done.
・Computational speed of supercomputers is already beyond the brain.
・It is said that after 10-20 years there is a possibility that small computers with the ability to achieve human-like recognition and learning are there.

 【Reference】「大脳皮質とベイジアンネット」Ischisugi Yuuji
    http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/besom/29_412.pdf